美容外科治療を活用していつまでも若く美しくいよう

身体のトラブルは医療機関に相談しよう

メスが必要ない

 サーマクールは、美容外科のたるみ取り治療の中では比較的痛みの少ない治療方法だと言われています。特に、近年になって使用されるようになった次世代型機種の場合は、機械の性能が格段に向上しているため、多くの人が快適に治療を受けています。しかし、全くリスクがない治療方法だというわけではありません。かなりパワーの強い高周波が照射されますので、皮膚に火傷のような症状が出たり、痛みや腫れが起こってしまうことがあります。そもそもサーマクールには認定医制度がありますので、サーマクールの施術を行う医師は一定水準以上の技術を有しています。ただし、経験値の高さや腕の善し悪しは、また別の問題です。照射の強さは医師の裁量に任せられていますので、どの程度の技能を有している医師に担当してもらうかによって、結果に大きな違いが生じることになります。ですので、なるべく評判の高い医師を探し出して、サーマクールを受けるようにするのが望ましいです。

 サーマクールの中には、目元専用のサーマクールアイズというものがあります。目元の皮膚は薄くてとてもデリケートですので、顔の他の部位よりも老化現象が早く現れやすいという特徴があります。とはいえ、眼球にすぐそばという部位であるため、医療レーザーの照射が困難になっています。万が一眼球にレーザーが当たってしまうようなことがあれば、ほぼ確実に失明してしまいます。そのため、目元にできたシワやたるみを改善する方法としては、メスを用いる方法が採用されるケースが多くなっていました。しかし、目元専用チップが開発されたため、サーマクールを使った目元治療が可能になりました。サーマクールアイズであれば、目元にメスを入れることなく、確実にシワやたるみを改善することができます。